松本泰幸オフィシャルウェブサイト - サクソフォン奏者・松本泰幸のウェブサイトです。

essay21

1月1日という日(2013.1.8)

 1月1日という日(2013.1.8)

 1月1日、また新しい年の幕が上がった。

 今年の抱負を語る前に、昨年12月のサクソフォン・シアターの話から。
 シーズン2冬編は、クリストファー・ハーディという素敵なパーカッショニストに出会い、
 新曲「I Heard Your Name」の演奏と共に<いいね>のお言葉をたくさん頂き無事に終えたことを報告しておきます。
 サクソフォン・シアターは小金井開催がメインですが、12月は私の故郷、
 静岡県吉田町でも第2回目のシアター/クリスマス特別編を開催しました。
 ゲストにピアニストの大石啓さんを迎え、地元・地域に密着した演奏会ができたことを嬉しく思っています。

 シアター冬編
 冬編を終えて。パーカッションのクリス&侑大と。

 画像の説明
 吉田公演終了後に。左から、大石氏、侑大、私、江川氏(司会)

 サクソフォン・シアターは毎回2部構成のステージでお送りしています。
 1部は私のサクソフォンの音と音楽をそれぞれのサクソフォンで楽しんで頂くステージを。
 2部は一人のゲスト(これから先のことは・・・ですが)を迎えて刺激的なコラボ・ステージをお届けしています。
 これからのサクソフォン・シアターにもどうぞご期待下さい。

 そして1月1日、新しい年の幕が上がる・・・
 それは私の新しい年の始まり、私にとっては特別な日なのです、物心ついた時から・・・
 そう1月1日は私の誕生日です・・・みなさ〜ん、おめでとうございます。

 初日の出を見に静波海岸(駿河湾)に行くこと(雨が降らない限り又曇っていても無理なんですけれど)、
 これが毎年の定番になっています・・・もう何年続いているのでしょうか・・・
 今年の初日の出はまた格別なものでした。
 初日の出に合掌して思うこと、感じることは・・・
 もっと音と仲良く、音と共に未来に向かって生きることができたらいいな、ということ・・・

 シアターinよしだ

 今年の私は・・・何処に向かうのでしょうか・・・
 音と共に、音楽と共に気負わずゆったりとした時間と共に生きてゆけたら幸せだと思います。
 まだまだ現役、精進あるのみです。

 本年も皆様の熱いご声援をお待ちしています、よろしくお願いいたします。




>エッセイ トップへ

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional